消費者金融の上限金利は利息制限法によって決められている

消費者金融には高金利というイメージがあります。
確かに銀行カードローンに比べると金利が高くなっていますがカードローン審査に上限なく高いわけではありません。
貸金業法の利息制限法と出資法によって決められた上限金利があります。
それでは一つひとつをご説明していきましょう。
利息制限法は借り入れ金額に応じて上限の金利を3段階に分けて決めています。
・元金10万円未満は20.0%まで
・元金10万円以上100万円未満は18.0%まで
・元金100万円以上は15.0%まで
これが消費者金融で借り入れ金額に応じて決められた上限金利です。
利息制限法以上の金利を設定すればその消費者金融は行政処分の対象となり、さらには利用者は過剰分の金利によって発生した利息は支払いの必要がないため消費者金融にとってまったくメリットがありません。
利息制限法以上の金利を設定した場合、出資法(20.0%)を超えたときに刑事罰の対象となりますがそこまでになることはありません。
いずれの消費者金融も利息制限法以内の金利を設定しています。
正規の消費者金融を選んでいるという前提で考えると利息制限法は当然守られていると考えてよいでしょう。
その中で利息制限法を知ることもまた大切なことです。
なぜなら消費者金融の金利もわかりにくいものではなくなるからです。
消費者金融の金利は上限金利が適用されると考えて利用しなくてはなりません。
初めての借り入れでは確かに上限金利が適用される傾向があります。
その中で上限金利20.0%というのを見たことがあるでしょう。
大手消費者金融以外ではむしろ上限金利20.0%というのが一般的になっています。
ここで利息制限法が活躍します。
上限金利20.0%となっているときには、借り入れ金額が10万円未満の時に当然適用されるでしょう。
しかし借り入れ金額が10万円以上100万円未満の時には上限金利20.0%となっていても利息制限法に基づいて18.0%以下が適用されます。
大手消費者金融の金利とそろったということになります。
消費者金融の金利は比較することに大きな意味がないと聞いたことがあるでしょう。
借入金額10万円以上になると上限金利がそろえられます。
それでは10万円未満の借り入れの時には上限金利が18.0%の方がお得になるのかということです。
確かに2%は金利が下がります。
しかし10万円未満の少額借り入れで金利2%の違いは、ほかの何を差し置いてもそこに決めなくてはならないと思わせるほどの違いではありません。
消費者金融は利息制限法を知ることで金利が見えてきます。
これまで消費者金融は上限金利が適用されるとだけ考えていたのであればそこに利息制限法も照らし合わせていきましょう。